アプローチの概要

アプローチは、行政や団体ごとに行われていた政策や取り組みに対し、垣根を乗り越えて連携・協力していきたいと考えます。

それぞれのエキスパートの知恵とノウハウを持ち寄って、何より問題に直面する住民の皆さんと共に、大胆なアイデアと実行力を持って、地方が抱える問題に取組んでいきます。

アプローチはワンストップサービスを提供している団体です。

富山県における空き家の数は、平成25 年で約56200 件(平成20 年対比7.7%増↗)にのぼり、右肩上がりとなっていて、今後益々増える傾向にあります。これから、空き家になる潜在的な数を考えると既に60000 戸を上回るといわれ、国をあげて解決しなければいけない問題となっています。

アプローチは、あらゆる住環境に携わるプロフェッショナルを会員に揃えている団体です。〇司法書士 〇土地家屋調査士 〇ファイナンシャルプランナー 〇電気業者 〇配管業者 〇塗装業者 〇解体業者 etc…それぞれの物件で必要な専門家を確保しお客様の相談に応えます。

登録会員

アイエイト(株)、(株)アリタ、石黒産業(株)、ウッドリンク(株)、(株)共栄ホームズ、(株)高志インテック、(株)米三、三協テック(株)富山、篠原瓦工業(株)、(株)スカイインテック、田中組、(株)なかたに印刷、弁護士法人本田総合法律事務所、堀江硝子(株)、丸三製薬バイオテック(株)、ラック(株)、青柳良明(日本放送作家協会プロデューサー)、今井康夫(一級建築士)、妹背大輔(司法書士)、加藤茂伸(一級建築士)、神川一成(寺院住職)、武田純子(建設業)、野上正之(神社祢宜)、藤野繁之(広告代理業)、森政幸(造園業)、山田昌幸(土地家屋調査士)、YKKAP(株)

セミナーや座談会を開催しています

すでに富山に移住された皆さんのネットワークを構築を考えています。県内各地域で移住対策や空き家対策で活動する皆さんのヨコの繋がりが意外とないことが分かってきました。
各地の取り組みや抱えている問題を持ち寄って話ができる場を提供していきます。また、各地の特長を理解することで、もっと大きな括りで、県外の移住を考える皆さんにアプローチしていける環境が作れると思っています。

県内関係者を対象に移住体験や取り組みを紹介

空き家を活用した事業の展開の推進

アプローチは、実際に空き家を活用した新たな事業を考えています。空き家を利用したオフィスやCafe、シェアハウス、地域のコミュニティーハウスといった、今あるものを活用した、新たな地域づくりを提案していきます。

  • 古民家を利用したカフェ

  • 地域づくりの拠点として空家を活用